マタニティ婚の準備とダンドリについて

妊娠の期間は大きく「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」3つの期間に分けられています。

3つの期間で結婚式への準備期間もかわってきますので、無理をしないでおふたりの希望に合ったスケジュールを考えていきましょう。

おふたりのこだわりや希望に沿った、最適なタイミングでの結婚式を叶えるために、おふたりできちんと話しあいながら進めていくことが重要です。

 

結婚式を挙げるのにおすすめのタイミングは、妊娠安定期の5~6ヶ月目ですが、
何にこだわりたいかで時期と準備の段取りが変わるので、3つの期間に分けてマタニティウェディングの準備・ダンドリのポイントについて紹介します。

 

妊娠初期 (妊娠1~4ヶ月)での準備

おなかのふくらみもまだ目立たない状態ですがつわりがひどかったり、気分がすぐれなかったりと、妊婦さんの体調もおなかの赤ちゃんの状態もまだまだ不安定な時期です。

どうしてもこのタイミングで結婚式を挙げたいという強いこだわりや特別な理由がない限りは、妊娠初期での挙式は避けたほうが無難です。

この時期に挙式をする場合は準備期間が少ないので、すぐに結婚式の準備を始めましょう。

挙式1か月前

1.式場を決める
式場は、マタニティウェディングの実績がある式場で、お急ぎプランやマタニティ婚プランのある式場を選択。

2.結婚式に招待するゲストをリストアップして招待状を送付
結婚式のプランにあわせて、招待するゲストの人数を決めましょう。

3.衣装選び
花嫁のおなかのふくらみもほとんどない時期なので、ドレス選びは比較的自由にできます。

 

挙式3~2週間前

1.結婚式での具体的な演出を決める
花嫁の体への負担を少なくするために、おふたりで話し合ってきめましょう。

2.会場装飾やおもてなし料理を決める。

3.席次表の作成および引き出物を決める

4.司会者との打ち合わせ、ヘアメイクリハーサルなど

5.ゲストの送迎等の手配をする

挙式1週間前

1.ドレスサイズの最終的な調整

2.ネイル、シェービングなど

3.結婚式での謝辞や手紙を用意

 

いろいろな状況があると思いますが、上記の内容はかなり急ぎめの準備の例をあげてみました。

妊娠初期は花嫁の体調が不安定ななかでの結婚式準備となりますので、無理をせず
周囲の人達にも協力をしてもらいながら進めていくのがよいでしょう。

 

 

妊娠中期 (妊娠5~7ヶ月)での準備

妊娠中期は母子ともに安定した期間で、おなかのふくらみも妊娠後期ほど大きくないのでこの期間に結婚式を挙げる人が多いです。

妊娠中期での結婚式の準備は、挙式の2ヶ月から3か月前に始めるのが良いでしょう。

 

挙式3ヶ月から2ヶ月前

1.式場を決める
式場は、マタニティウェディングの実績がある式場で、お急ぎプランやマタニティ婚プランのある式場を選択。

2.結婚式に招待するゲストをリストアップして招待状を送付
結婚式のプランにあわせて、招待するゲストの人数を決めましょう。

3.衣装選び
ドレス選びはサイズ調整のしやすいものやおなかが目立たないものを選べば、お似合いのドレスが着られます。

 

挙式2ヶ月から1ヶ月前

1.結婚式での具体的な演出を決める
花嫁の体への負担を少なくするために、おふたりで話し合ってきめましょう。

2.会場装飾やおもてなし料理を決める。

3.席次表の作成および引き出物を決める

4.司会者との打ち合わせ、ヘアメイクリハーサルなど

5.ゲストの送迎等の手配をする

挙式1ヶ月から1週間前

1.ドレスサイズの最終的な調整

2.ネイル、シェービングなど

3.結婚式での謝辞や手紙を用意

妊娠中期は、花嫁さんの体調もおなかの赤ちゃんも安定している時期なので、
自分たちのペースですすめていくことができるでしょう。

 

妊娠後期 (妊娠8~10ヶ月)での準備

 

妊娠後期は花嫁さんの体調も比較的安定していますが、おなかがおおきくなり体力を使う時期となります。
足がむくんだり、大きなおなかで足元がみえづらくなってつまずきやすくなったり、立ちくらみがあったりしますので、担当のお医者さんに相談してから結婚式を挙げるかを決めたほうが安心です。

無理をしないように心がけながら、4ヶ月ほどで準備を進めていきましょう。

 

挙式4ヶ月前

1.ブライダルフェアやウェディング相談カウンターなどで、結婚式場見学してみる。

2.ふたりで挙式の日程や結婚式の予算などを話し合う。

3.結婚式に招待したいゲストのリストアップをする。

挙式3ヶ月前

1.式場を決める
式場は、マタニティウェディングの実績がある式場で、お急ぎプランやマタニティ婚プランのある式場を選択。

2.結婚式に招待するゲストをリストアップして招待状を送付
結婚式のプランにあわせて、招待するゲストの人数を決めましょう。

3.新郎衣装選び

 

挙式2ヶ月前

1.会場装飾やおもてなし料理を決める。

2.花嫁衣装選び
妊娠後期では、おなかもおおきくなっていますのでマタニティドレスを選ぶとよいでしょう。

3.ゲストへ招待状を郵送する。

4.ヘアメイクなどを決める。

5.引き出物等の手配をする。

挙式1ヶ月前

1.席次表を作成する。

2.花嫁の衣装を決める。

3.ゲストへ招待状を郵送する。

4.司会者との打ち合わせ、ヘアメイクリハーサルなど

5.ゲストの送迎等の手配をする。

挙式1週間前

1.ドレスサイズの最終的な調整

2.ネイル、シェービングなど

3.結婚式での謝辞や手紙を用意

妊娠後期の花嫁のおなかのふくらみ具合によっては、早めにドレスを選んでいても
挙式の時期に選んだドレスサイズがあわないという場合もありますので、
早めにドレスを選ぶなら候補のドレスを何着か選んでおいた方が良いでしょう。